数年ごとにメンテナンスが必要なアイテム

機械式時計は、時計職人によるメンテナンスを定期的に行う必要があります。新品の購入であれば使用して3年目に、以降は3年から5年ごとに行うと良いでしょう。メンテナンスに出された機械式時計は分解され、クリーニングや部品交換などが行われます。故障していない時計をコストをかけてメンテナンスに出す理由は、潤滑油や部品が劣化すると精度が保てなくなるほか、汚れが何らかの理由でケース内部に入り、錆付いてしまうなどのトラブルを起こしかねないからです。また、機械式時計は部品の経年劣化を避けられず、長期間メンテナンスをしなければ故障する可能性があります。その際にかかる修理費を考えれば数年ごとのメンテナンスを受けていた方が料金を抑えられると言えるでしょう。

日常で注意したい機械式時計の使い方

機械式時計を長く愛用したいなら、日頃から注意したいポイントがあります。機械式時計は湿度の高い場所や直射日光の当たる場所などが苦手なアイテムですので保管場所には気をつけたいです。特に配慮したいのが磁気を発する電化製品や通信機器などで、機械式時計が磁気を帯びてしまうと正しい運針がされなくなる可能性があります。例えばパソコンを使用する際には腕からはずし遠ざけるようにすると良いでしょう。磁気帯びしても故障するのは稀ですが、脱磁と呼ばれるメンテナンスが必要になります。保管する際には風防ガラスが上部に見える状態で置くと良いですが、リューズが下になる向きでなければ横置きでも構いません。機械式時計に付着した汚れを掃除したいなら、柔らかい布で拭くか、防水機能搭載であれば水洗いができますが、お湯の使用は避けて下さい。

パテックフィリップとはスイスに本社を置く腕時計メーカーであり、世界3大高級腕時計メーカーの1つです。