一口に腕時計の種類といっても色々な種類の分け方がありますね。
まずは、文字盤がアナログになのかそれともデジタルなのか。シンプルなものか、時刻を表すもの以外に例えば月日や曜日、ストップウオッチのついているものなど、さらにはダイヤなどの宝飾品がついているものもあります。
時計に身に着ける人の趣味趣向や目的によって色々な選択の要素や仕方があります。

腕時計の価格について

腕時計の価格は安価であれば100円ショップにある100円のものから高級時計店で購入できる数百万円さらには数千万円のものまで様々な価格のものがあります。ダイヤなどの宝飾品がつけば当然その分価格が跳ね上がりますが、それ以外の要素として、デザインであったり、歴史やブランド価値によっても驚くほどの価格差がついてきます。

腕時計を動かす仕組み

腕時計はどうやって動いているのか。
ボタン電池を使用した電池式のものとねじ式のものがあります。ねじ式のものには手巻き(毎日あるいは数日ごとに自分の手でねじを巻くもの)と自動巻き(身に着けている時の振動によって自動的に巻かれるもの)があります。デジタルウオッチの場合にはボタン電池式のものが多く、アナログ式のものでは電池式とねじ式とどちらもありますが、数十万円以上の高級なものであればネジ式のものが多いように思います。

腕時計の価値について

腕時計の価値は単純に価格だけの問題とは言えない部分があり、使う人それぞれの好みや重要視する部分について様々です。
特にデザインやブランドにその人独自の価値を見出すところが大きく、だからこそ飽きない魅力ある商品と言えます。

高級時計で有名なパネライは本体の形こそ同じではありますが、使っている素材やデザインなどは百種類以上あります。