社会人となり仕事をする際に、欠かせないアイテムとなるのが時計ですよね。その中の1つとして仕事用なのかプライベート用なのかによって購入する時計も変わりますよ、仕事用であればフォーマルタイプを選ぶのがよいですね。逆にプライベート用であればカジュアルで自分の好みの物を利用して良いです。時計はデザインなどによって見た目や印象に大きく影響するアイテムなので、状況によって使い分けて購入すると良いですよ。

スーツと合わせる時は価格帯も合わせよう

男性でも女性でも、仕事の際にスーツを着る人は多いですよね。そんなスーツ姿に合わせる時計を購入する場合ですが、価格帯はスーツと合わせるという選び方がありますよ。スーツと時計の価格に差があると、バランスが悪く見える原因になります。スーツと時計の価格帯を合わせると、自然とファッションも含めてなじむ効果が得られます。

自分の体形に合わせた時計を選ぼう

時計を購入する時の選び方として、自分自身の体系や顔の形で決める方法もあります。相性として身体が大きい人や顔が丸い人の場合は、ケース部分の形が丸いタイプを選びます。身体が細い人であれば、ケースの細長いタイプを選びます。時計も身体の一部と考えてケースのデザインを選ぶと、相性のよい時計を選ぶことができますよ。

ベルトや靴とカラーを合わせよう

時計はケース部分のデザインなどで選びがちですが、時計のベルト部分のカラーを統一するのも選ぶ際のポイントの1つです。靴やベルトと合わせて、時計のベルトのカラーと統一するとまとまりのあるファッションになりおしゃれですね。また同じでなくても近い色のタイプで揃える事で、全体的にまとまった雰囲気にすることができます。

IWCは1868年にスイスのシャフハウゼンに設立された歴史ある時計メーカーです。パイロットウォッチが有名ですが、シンプルで飽きの来ないデザインと卓越した技術で多くのビジネスマンに愛されています。