機械式時計と言いますのは古くからある時計のスタイルです。今の時代は、的確さと費用面からクォーツ式時計がメインとなっています。以前は時計と言ったらゼンマイ式の機械式時計でありました。その結果手動によってゼンマイを巻いてやることが求められました。ゼンマイ式も腕時計でしたら、腕の動作を利用することによってオートマティックにゼンマイを巻くことが可能になり、全自動式へと入れ替わりました。しかし、取り外してゼンマイが巻けない状態ではとまるのがウィークポイントです。また、グローバルレベルでクォーツ式時計がメインになっても機械式時計は消滅しません。そればかりか一段と人気になったかもしれません。時計の可動部分については、ムーブメントと言われていますが、機械式時計のきめこまかなムーブメントのところに引き込まれる人が多いです。そのうえでその部分をファッション性まで引きあげたバリエーションが人気になっています。精密な物を持っているという所有欲を満たしてくれます。そうした理由でフォーマルの場で、機械式時計を付ける方が少なくありません。

機械式時計の行き届いた手入れは自己管理の証

機械式時計は高精度さゆえにメンテナンスが欠かせません。適正なパーツを、規定通りに組み上げたものだからこそ、規則的に動きます。精妙なパーツの組み合わせによって構成されている点で、人を釘付けにするアピールポイントにもなっています。そして、しっかりとメンテナンスされてある機械式時計を着けている事は、自己管理もしっかりとできている証明になります。従って、機械式時計のメンテナンスは、自分自身を磨いていることと同じといえます。

ウブロは、スイスの高級腕時計のメーカーです。異なる素材を組み合わせ(融合)したシリーズは現在まで続く主力商品で、多くのスポーツ大会を支援しています。